コンタクトレンズで新生活とともに快適視野へ

現代社会において私たちはかなりの人たちが近視であり小さいころからメガネをかけています。メガネはスっとかけてパッと良く見えますがレンズの枠というものがあるためにどうしても見える範囲が狭くなることがあります。また冬の期間など寒いところから暖かい室内に入ったり、マスクをしているとくもってしまい見づらいという現象がおきます。身近で使いやすいのですが裸眼のようにフリーになりたいと思うと意外と不便な点が多いのです。ではどうすればいいのでしょうか。

これらを解消するのがコンタクトレンズです。コンタクトレンズだとメガネと違って裸眼と同じように視界全体が見えますし、くもることもありません。ではコンタクトレンズはどんなものがあるのでしょうか。現在、いろいろ種類はありますが主流となっているのは使い捨てのコンタクトレンズです。使い捨てにも1日タイプ、2週間タイプ、などありますが初心者におすすめなのは1日タイプです。

消毒の手間も省けますし、1日の使い捨てなので毎日清潔なコンタクトをつけるので眼病を発症するリスクも少なくなります。また最初は慣れるまで朝の忙しい時間につけれないので休日だけコンタクトにしたいという方にも1日タイプがお得になります。2週間タイプの使い捨てはパックから開けて2週間目には捨てなくてはなりません。すると休日だけつける人は土、日に使用して4回使っただけで捨てなくてはいけません。2週間分使ったら捨てる、という意味ではないので気を付けてください。

パックから開けて2週間です。この記事を読んでメガネからコンタクトに変えたいな、と思った方もいるかと思いますがコンタクトレンズを買うにはまず眼科に行かなければなりません。コンタクトレンズを売っているお店に行ってもコンタクトレンズの度数が書いてある処方箋を提出しないと買うことができません。ですので眼科に行き、近視の度数、または遠視、乱視の度数を確認しその人にあったものを処方してもらいます。

眼科内に併設してあるコンタクトレンズ販売店だと処方箋を提出せずとも買うことができるのが一般的です。外部のコンタクトレンズ販売店だと処方箋を求められますので眼科で処方箋を出してもらいましょう。コンタクトデビューがまだのあなたも裸眼のような視界フリーの世界を味わってみてください。

記憶に残るシミの原因
誰もがスカルプD
FB白髪染めトリートメント
詳細なくすみ対策@Yahoo!

コンタクトレンズは目に良くないとわかっているのに

私はコンタクトレンズを使用して9年目になります。9年間、同じメーカーの同じレンズ(2week)を一筋に使い続けています。半年に一度のペースでコンタクトレンズを買いにいくたびに、少しずつ目が悪くなり、少しずつレンズの度が上がっていきました。今では両目ともに0.05~0.08くらいとなり、裸眼では色程度しか判断できなくなってしまいました。うちは家族全員が視力が悪いので遺伝なのかなと思っていましたが、どうやらコンタクト使用者の多くが「コンタクトレンズを日常的に使用していると視力が落ちる」と感じているようです。

では、なぜこのように感じているにもかかわらず、コンタクトレンズを使い続けるのでしょうか。私がコンタクトレンズを使い始めた理由は、バレーボールをしていたからでした。激しく動くスポーツで、時には人とぶつかったりボールが顔に当たることもある場面において、コンタクトレンズはとても画期的なものでした。ですが、今はスポーツはしていません。なので、メガネでも毎日過ごせるのですが毎日コンタクトを入れています。その一番理由は「コンタクトの視界の広さ」ということだと感じています。

メガネではフレームアウトして見えない範囲が存在しますが、コンタクトではそんなことはありません。またここまで視力が落ちてしまうと、毎日裸眼では化粧ができないという問題もあります。そのため、化粧をして出かける場面(ほぼ毎日ですが)では、コンタクトを使用せざるを得ないという状況です。

日常的に使用すると視力が落ちるので、できれば使用を避けたいが、避けられないというこの状況。この状況から脱却できるのでしょうか。現実的に考えて、かなり難しそうな気がします。視力は、落ちてから後悔したのでは遅いのですね。そのことにもっと早く気が付いて、悪くなる前に防ぐべきでした。今となってはこんな視力になってしまいましたが、今ある視力を大事にしようと思いました。

お手頃な薄毛@福岡
スカルプDを知ってみる
薄毛治療の口コミの依存症
薄毛治療のTwitter情報
シミ対策とは